2019年5月25日(土)

楽天、障害者が働くカフェ開設

ネット・IT
小売り・外食
2019/4/15 11:54
保存
共有
印刷
その他

楽天の障害者雇用促進法に基づく特例子会社の楽天ソシオビジネス(東京・世田谷)は15日、障害を持つ人たちが働くカフェを東京都大田区内に開設した。同社が一般の消費者向けの店舗を運営するのは初めて。地元の人たちを雇用し、障害者の活躍の場を広げる。

地元の障害者らを雇用して、活躍の場を広げる(15日、東京都大田区)

新たに開設したカフェ「すまいるブレイクCAFE&BAKERY」は東京都大田区の障害者の支援施設「さぽーとぴあ」内に開く。座席数は28席で、Wi-Fiなどを完備する。障害者への理解を啓発する地域住民との交流イベントも開催する。

楽天ソシオビジネスは07年に設立された特例子会社。データ作成など楽天グループ企業からのアウトソーシング事業を手掛けている。楽天本社内でコンビニを運営したり、東京都内の植物工場で野菜の生産を行ったりしている。

2018年4月に障害者の雇用義務がある民間企業の法定雇用率が2.0%から2.2%に引き上げられた。厚生労働省によると、民間企業で働く障害者の割合(障害者雇用率)は18年6月1日時点で2.05%と、前年から0.08ポイント上昇した。雇用者数は約53万4千人(前年比7.9%増)で、過去最高を更新した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報