/

この記事は会員限定です

シェアオフィス日本事業を買収 TKP、世界大手から

[有料会員限定]

貸会議室大手のティーケーピー(TKP)は15日、「リージャス」のブランドを展開するシェアオフィス世界大手IWGの日本事業を買収する方針を固めた。国内市場では首位。買収額は約500億円とみられる。シェアオフィスは「働き方改革」の影響で利用者が増えており、TKPは買収で成長市場に進出する。貸会議室との共同オフィスなど相乗効果を狙う。

15日午後に発表する。5月末めどに、TKPがIWGの日本法人を買い取る。国内で「リ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン