/

トランプ氏、利上げなければ「4%成長」 FRBまた批判

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は14日、「米連邦準備理事会(FRB)が適切な仕事をしていれば株式市場は5千~1万ポイント高く、経済成長率は3%ではなく4%超になっていただろう」と述べ、過去の利上げを再び批判した。同氏はFRBへの攻撃を緩めず自身に近い人物を理事に指名するなどしており、中央銀行の独立性を懸念する声が増えている。

トランプ米大統領は過去の利上げを再び批判した=ロイター

トランプ氏は株高や高い経済成長率が「ほぼインフレなし(で実現できていた)」とツイッターに投稿した。具体的な根拠は示していない。FRBが進めてきた保有資産の縮小もやり玉に挙げたうえで「量的引き締めと正反対のことをすべきだった」との持論を展開した。

18年に4回の追加利上げを実施したFRBは、19年中の利上げを見送る構えをみせている。18年末にかけて下落したダウ工業株30種平均は足元で最高値に再び近づくなど戻り基調にある。それでもトランプ氏は利上げを止めていればさらなる株高や経済成長につながっていたとの主張を繰り返し、最近は利下げの必要性にも言及している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン