2019年4月22日(月)

米半導体装置大手アプライド、中国企業と一部取引中止

貿易摩擦
エレクトロニクス
中国・台湾
北米
アジアBiz
2019/4/14 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作、ワシントン=鳳山太成】半導体製造装置の世界最大手、米アプライドマテリアルズ(AMAT)が、発光ダイオード(LED)世界大手のアモイ三安光電など中国の一部企業や研究機関との取引を中止することが分かった。米国政府が取引に注意を要する中国企業のリストを発表しており、これに対応したとみられる。米国企業の警戒が広がれば幅広い分野で米中摩擦が強まる。

関係者によると、取引中止の対象はLED…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報