/

北朝鮮、新型潜水艦の建造を継続か 米分析サイト

【ワシントン=永沢毅】米国の北朝鮮研究サイト「38ノース」は12日、北朝鮮が弾道ミサイルを搭載できる新型潜水艦の建造を続けている可能性があると指摘した。3月23日に北朝鮮東部の新浦(シンポ)の造船所を撮影した商業衛星写真で船体に使われるとみられる物体が確認されたが、4月5日にはなくなっていたという。

同11日の写真では、新浦の西側でL字型の桟橋や建造物の建設が少しずつ2012年から続いていることが確認された。北朝鮮はこれとは別に、ミサイル発射場の復旧を進める動きもみられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン