/

米メキシコ国境「通過に半日も」 輸出に大幅な遅れ

トランプ政権の不法移民対策が影

【シウダフアレス(メキシコ北部)=丸山修一】米国とメキシコの国境が一部で目詰まりをおこしている。米国が国境検問所で入国手続きを担当する職員を、不法移民の警備に回すなどしたためだ。10キロメートル以上の車列が続く場所もでている。メキシコからの輸出に大幅な遅れが生じ、配送期限に間に合わせるため、採算を度外視して空路を検討する企業も出ている。

米テキサス州エルパソと接するメキシコ北部の町シウダフアレス。普段でも大型トレーラーやトラックの交通量が多い場所だが、8日には国境検問所へ向かう幹線道路で数キロにわたる列ができていた。「もう8時間以上待っている。期限には到底間に合わないよ」。米国へ衣料品を運ぶ40代のメキシコ人運転手はうんざりした表情をみせた。

幹線道路沿いには運転手用に新たに簡易トイレが設けられた。日中は気温が30度を超える。列が進まないため、いったん車を降りて日陰で休む運転手の姿もあった。一般車両はトレーラーの列よりも比較的早く進んでいるようだが、「普段なら30分。もう2時間も待っているよ」(30代男性)との声が聞かれた。

不法移民や麻薬への対応を巡り、米国への流入を止められなければメキシコとの国境を封鎖すると息巻くトランプ米大統領。自動車への関税という新たな障壁にも言及するが、実際にはすでに「実力行使」にでている。それが国境検問所で入国手続きを対応する職員を減らすことで、実質的に物流網に影響を与え、メキシコの輸出産業に打撃を与えることだ。

米国土安全保障省は1日、「不法移民の対応に人員を割く」として750人の職員を国境検問所から不法移民対応に回したと発表した。さらに2千人規模に増やす可能性があるとする。国境検問所のレーン数が減らされたり、開通時間が短縮されたりしている。1日当たりで17億ドル(約1900億円)、50万人近くが合法的に両国国境を通過しているともいわれるだけに、検問所の対応能力縮小の影響は大きい。

トラック輸送の業界団体、CANACARの広報担当者は、特に物流量の多いシウダーフアレス―エルパソ(米テキサス州)間について「この数日間、通常の20%しか国境を通過できてない」とした上で「通過に12時間かかるケースもある」と嘆く。

メキシコにとって米国は最大の貿易相手国だ。デラモラ経済次官によると、貿易額の7割はトラックなどの地上輸送だ。自動車部品や電化製品などの工業製品に加え、医薬品や生鮮食品も多く輸出されている。

全国マキラドーラ(保税加工区)産業評議会(INDEX)のルイス・アギレ会長は地元紙に「配送遅れによる発注元からのペナルティーや発注停止を避けるため、空路での輸送を検討している企業もでている」と話した。ただ空路での輸送はトラックの10倍以上の費用がかかるだけに、現在の状況が続けば、トラック輸送のコストを前提にしたビジネスモデルが成り立たなくなる可能性も指摘される。

生鮮食品の場合は輸送が遅れることで、生産農家への被害に加えて、米国側での値上がりといった影響もでている。米メディアによるとすでに代表的なメキシコ産品であるアボカドは3割以上値上がりしている。状況が長引けば他の食品の値上がり、物不足にもつながりかねない。

マルケス経済相は「米国との国境の一部が閉鎖状態になっている」と認めた上で、早急に経済への影響を各業界団体から情報を得て分析したいと話した。エブラルド外相も「国境の状況を正常に戻さなければ両国の経済が甚大な被害を受けることになる」と指摘し、米政府に対して国境通過の遅れに関して是正するように求める考えを示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン