2019年6月25日(火)

JPモルガン最高益 1~3月期、利上げが追い風

金融機関
北米
2019/4/12 22:56
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=関根沙羅】米金融大手のJPモルガン・チェースが12日に発表した2019年1~3月期決算は、純利益が前年同期比5%増の91億7900万ドル(約1兆280億円)となり、四半期ベースの過去最高を更新した。1株利益(EPS)は2.65ドルで市場予想の2.35ドルを上回った。

JPモルガンの2019年1~3月期決算は市場予想を上回った=ロイター

純営業収益は、前年同期比5%増の298億5100万ドルだった。昨年12月まで続いた米連邦準備理事会(FRB)による利上げによって、純金利収入が8%伸びたことなどが収益改善に寄与した。一方、トレーディング事業は債券や株式部門の業績が振るわず調整後の収益は10%減だった。

ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、世界の地政学的な不透明感にもかかわらず米経済は成長を続けており「金融市場は健全で、消費者や企業の信頼感は依然として強い」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報