2019年8月22日(木)

東京への人口集中ペース鈍る 増加率3年連続で低下
2018年10月時点の人口推計

2019/4/13 0:22
保存
共有
印刷
その他

総務省がまとめた2018年の人口推計を都道府県別にみると、人口が増えたのは東京、沖縄、埼玉など前年と同じ7都県だった。増加率が0.72%の東京への一極集中は続くが、増加ペースは落ちてきた。

【関連記事】総人口1億2644万人、減少率0.21% 18年10月時点

東京の増加率は17年から0.01ポイント下がった。0.87%だった15年をピークに3年続けて低下した。17年に出生数が死亡数を下回る自然減に転じ、18年は減り方が大きかった。地方からの流入で人口増は続くものの深刻な少子化が響く。自然増は全国で沖縄だけだった。

人口減少率が最大だったのは1.47%の秋田。人口が減った40道府県のうち、秋田など31道府県で減少率が拡大した。

総人口の自然増減は42万4千人の減少だった。07年に自然減に転じ一貫して減少幅が広がる。日本人の入国者数から出国者数を引いた社会増減は3千人の減少だった。

【関連記事】
外国人16.5万人増、過去最多に 人手不足補う
東京圏一極集中是正進まず 10万人以上転入超過続く
2030年、人口減は全都道府県に 都市部も高齢化進む
大都市集中、吸引力に差 17年人口移動報告
人口危機 正視せぬ日本人
イオンを拒んだ町 人口減ニッポンの現実
市町村で人口転出超全国一 北九州、若者なぜ根付かぬ

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。