2019年6月18日(火)

財政赤字容認、米で論争 異端「MMT」左派が支持

経済
北米
2019/4/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】「インフレにならない限りは財政赤字をどれだけ膨らませても問題ない」とする「現代貨幣理論(MMT)」が米国で大論争となっている。低成長を脱するために財政を積極活用すべきだとの主張が米民主党左派や若者の支持を集める一方、主流派経済学者からはハイパーインフレのリスクを軽視していると批判が広がる。

「MMTは経済理論とすら呼べない」。ハーバード大のケネス・ロゴフ教授(国際金融論)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

財政赤字容認論、米で浮上 大統領選控え緩む規律[有料会員限定]

2019/3/15 0:03

呪術経済学の時代再び?[有料会員限定]

2019/3/21 6:30

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報