/

この記事は会員限定です

「水素」普及へ カギ握る兵庫、発電利用の実証加速

ウエーブ兵庫

[有料会員限定]

兵庫県で水素を燃料に発電する実証事業が進む。水素は燃焼時に二酸化炭素(CO2)を出さないクリーンエネルギーとして期待が大きい。液化水素を海外から運ぶ海上輸送の実証も2020年度に始まる見通しだ。電気自動車(EV)の伸長で燃料電池車(FCV)に逆風が吹くなど押され気味の水素だが、発電利用が普及拡大の起爆剤になるとみて県なども注目する。

「水素100%になると、炎はほぼ透明になっていきます」。神戸市を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1335文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン