「ありのまま」世界魅了 歴史・暮らしに向き合う
SETOUCHI2.0 よみがえる島々(2)

2019/4/16 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

瀬戸内が「SETOUCHI」として世界に知られるようになったのは海外から島々を訪れ、その自然と人々に魅了された人々がいたからこそ。不便で何もない――。住民たちのそんな思いはいとも簡単に覆され、多くの訪日客が足を延ばす。首都圏などの人々には知られていないそんな場所にこそ、長い年月、穏やかな気候に育まれ日々の暮らしに根付いた「ありのまま」の日本の姿があるという。

【前回記事】離島でモダン 瀬戸内芸術祭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]