/

この記事は会員限定です

M&A覆う米中摩擦のリスク JDIでも焦点

安全保障上の「重要技術」 定義はあいまい

[有料会員限定]

日本企業のM&A(合併・買収)で、米中摩擦がもたらす政治リスクを意識させられる場面が増えている。ジャパンディスプレイ(JDI)は12日、台湾の電子部品メーカーや中国のファンドなどで構成する3社連合から800億円の金融支援を受けると正式に発表した。JDIの再建の動向を左右しそうなのが、米中摩擦のさなかに昨秋、強化された対米外国投資委員会(CFIUS)の規制リスクだ。

「リスクがゼロとは言い切れない。CFIUSの裁量は大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1889文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン