2019年5月24日(金)

環境配慮プラスチック 埼玉県、技術開発の支援手厚く

南関東・静岡
2019/4/12 22:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は2019年度、環境にやさしいプラスチック関連技術の開発に取り組む中小企業向けの補助金を手厚くする。廃プラスチックによる海洋汚染の問題が深刻化しているのに対応する。廃プラスチック削減につながる技術や、プラスチックの代替素材の開発を支援する。

原材料や販路開拓などの経費のうち、3分の2を補助する。補助の上限額は1000万円。5月14日まで事業アイデアを募り、7月には交付先を決定する。

埼玉県は18年度、電気自動車(EV)関連の技術開発を対象に、補助率を従来の2分の1から3分の2に引き上げた。19年度はEV関連分野に加えて、プラスチック関連技術も同じ補助率に引き上げる。

「ものづくり技術・製品開発支援事業費補助金」を活用する。同補助金は県内のものづくり企業を対象に新分野への参入や、先進的な技術開発を後押しするのが狙い。プラスチックやEV関連以外の分野には、従来通り経費の2分の1を補助する。補助の上限額は750万円。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報