2019年5月27日(月)

APUがテレビ番組、留学生リポート NHK・CATV局と

九州・沖縄
2019/4/12 19:55
保存
共有
印刷
その他

大分県別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)は12日、NHK大分放送局、ケーブルテレビのJCOM大分ケーブルテレコム(大分市)と共同で、外国人留学生の視点を生かした情報番組を制作すると発表した。日本人とはひと味違った感性で地域の魅力を再発見してもらい、訪日外国人(インバウンド)の誘致にも役立てる。

APUの出口治明学長(中央)は、NHK大分放送局、地元ケーブルテレビと共同で情報番組を制作すると発表した

番組名は「APU×おおいた」。NHK大分局と大分ケーブルテレコムが1年間、毎月交代で約10分の番組を制作する。地域の大学とNHK、ケーブルテレビ局が共同でシリーズ番組を制作するのは全国的にも珍しい。

大分の自然や食だけでなく、留学生のお気に入りの喫茶店やイスラム教の戒律に沿ったハラル食品を出すレストランなども紹介する。第1回放送は25日の予定で、ウズベキスタン出身の留学生2人が登場する。

APUには約90カ国からの留学生が約3000人と学生の半分を占める。出口治明学長は「留学生は古い理髪店に注目するなど、我々と全く違う発想を持つ。若い感性が生きた番組になれば」と話した。NHK大分局では「優れた番組ができれば、国際放送のNHKワールドTVでも放送したい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報