競艇選手の夢から起業へ 富田涼子さん
Active

2019/4/12 20:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

軽自動車をアメリカ車風の外観に改造したカスタムカーが人気を集めている。改造を請け負うブロー(相模原市)の代表取締役、富田涼子は競艇選手を目指していたが挫折し、20歳で繊維強化プラスチック(FRP)の加工業を個人事業主として始めた。その3年後にはブローを設立し、顧客は全国に広がっている。

相模原で育った富田が競艇選手を志したのは1990年代前半、高校生の時だ。当時、周りでは原付きバイクの改造が流行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]