海外オフィス運営、愛知に続々 多様な働き方後押し

2019/4/12 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知県内でオフィスの多様化が加速する。米シェアオフィス大手のウィーワークは5月、名古屋に初の拠点を開設する。豪サーブコープは今夏に、コワーキングスペース(共用オフィス)を設ける。人材確保へ柔軟な働き方を導入する企業が増えている。オフィス空室率が過去最低水準と逼迫感が強まっていることも、多様なオフィスを求める動きにつながっているようだ。

ウィーワーク・ジャパン(東京・港)は5月、あおなみ線の「ささ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]