/

サマンサ社長交代 新社長に藤田氏

服飾雑貨のサマンサタバサジャパンリミテッドは12日、専務取締役の藤田雅章氏(65)が25日付で会長兼社長に昇格すると発表した。創業者で会長兼社長だった寺田和正氏(53)は取締役に退き、5月23日に開く株主総会までに退任する。同社は女性向けかばんなどで20代を中心に人気を集めたが、服装のカジュアル化などで顧客が離れ、経営が悪化していた。

同社は12日付で寺田氏が保有する株式の一部を、紳士服のコナカ社長最高経営責任者(CEO)の湖中謙介氏に譲渡することで合意したことも発表。寺田氏の株式保有率は現在の62.6%(議決権ベース)から31.3%になる。湖中氏は総会後の取締役会でサマンサの社外取締役に就く。

藤田 雅章氏(ふじた・まさあき)97年(平9年)サマンサタバサジャパンリミテッド入社。04年専務。北海道出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン