2019年7月20日(土)

福島、岩手知事らWTOの判断「残念」

2019/4/12 20:11
保存
共有
印刷
その他

世界貿易機関(WTO)が福島、岩手など8県産の水産物の輸入を禁止している韓国の措置を妥当とする最終判決を出したことについて、東北地方の知事は12日、相次ぎ「残念」とコメントした。

福島県の内堀雅雄知事は「非常に残念。県産農産物の安全・安心の確保に取り組み、震災後に54の国・地域で行われていた輸入規制が23の国・地域まで減少している。引き続き、科学的根拠に基づいた正確な情報発信を強化し、輸入規制解除に取り組む」とした。

岩手県の達増拓也知事は記者会見で「WTOの判断は残念。WTOの判断は判断として引き続き韓国政府への働きかけを国に要望していきたい」と述べた。さらに「最終的に漁業関係者の収入がどうなるかが問題だ。他国への輸出や国内消費の拡大など戦略的に対応していけば悪いようにはならない」と話し、県内水産業に及ぼす影響については限定的になるとの見方を示した。

宮城県の村井嘉浩知事も「日本の主張が認められなかったことは残念だ」とコメント。「水産物の安全性について情報発信に務めるとともに、輸入禁止措置が撤廃されるよう政府などに働きかけていく」とした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。