2019年5月25日(土)

関西電力、京都の蓄電池スタートアップに出資

環境エネ・素材
関西
2019/4/12 19:02
保存
共有
印刷
その他

関西電力は12日、傘下の投資会社を通じて蓄電池開発スタートアップのコネックスシステムズ(京都府精華町)と資本業務提携したと発表した。同投資会社の50億円の投資枠を活用して出資する。金額は非公表。コネックスシステムズは充電や放電が速い新型リチウムイオン電池などを開発中だ。両社のノウハウを持ち寄り、新たなサービスの創出をめざす。

国が再生可能エネルギーの普及策を進めるなか、今後は従来の大規模発電所からの電気だけでなく太陽光発電の自家消費などが存在感を増してくる。家庭単位や地域の電力需給調整のために電気の出し入れがしやすい蓄電池の需要が拡大すると見込まれ、関電はコネックスシステムズと組んで関連サービスの検討を進めていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報