外食大手、最終増益もハードル高く、20年2月期

2019/4/12 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年2月期は6社全社が最終増益を見込むが達成は簡単ではない。コスト増に加え、消費増税などの影響も加わり、経営者からは「影響をネガティブにみている」(吉野家ホールディングスの河村泰貴社長)との声もあがる。自動化など生産性の高い店舗づくりから従業員の休日確保など働き方改革まで、対応すべき課題は山積みだ。

ハイデイ日高は単独税引き利益を1%増の31億円と計画。高橋均社長は「ここであぐらをかいては…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]