/

この記事は会員限定です

アンリツ、5Gの主役は世界のニッチトップ

証券部 井川遼

[有料会員限定]

実用化を間近に控える次世代通信規格「5G」に関連する企業が株式市場で注目の的だ。日本で関連企業の「主役」とみられているのは、NTTドコモでもNECでもなく、通信計測器大手のアンリツ。株価上昇率は昨年末比で44%と、日経平均株価(9%)を大きく上回る。3月にはIT(情報技術)バブル期以来となる18年ぶりの高値をつけた。数多くある5G関連企業の中で同社が市場の高い評価を受けるのは、通信向け計測機器というニッチな市場ながらも世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン