2019年6月25日(火)

中国新車販売5%減 3月 マイナス幅縮小

中国・台湾
2019/4/12 18:07
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】中国汽車工業協会は12日、3月の新車販売台数が前年同月比5.2%減の252万台だったと発表した。9カ月連続の前年同月実績割れとなったが、7カ月ぶりに減少幅が1桁となった。中国の自動車大手幹部は「減税や電気自動車(EV)の普及加速に向けた新しい規制の効果が少し出て、市場回復の兆しが見えてきた」と分析している。

新エネルギー車の販売は大きく伸びた(北京国際自動車ショーに展示した北京汽車集団の新エネルギー車、2018年5月)

乗用車は6.9%減の201万9400台。4月1日の企業向けの増値税(付加価値税)の減税を受けた独ダイムラーや独BMWなどの3月中旬の値下げ発表などがマイナス幅の縮小につながったとみられる。商用車は2.4%増の50万600台だった。

EVを中心とする新エネルギー車は85.4%増の12万6000台。メーカーに全製造販売台数のうち一定比率を新エネ車にするよう義務付ける規制が19年から導入されたため、各社が新車投入を進めていることが販売を押し上げた。

中国の新車販売台数は世界1位だが、2018年に28年ぶりに前年実績を下回った。中国経済で自動車は国内総生産(GDP)の約1割を占める重要産業に育っただけに、中国政府の消費刺激策が効果を生み出すかに注目が集まる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報