/

国内サブスク市場規模 5年で1.5倍に拡大 矢野経済予測

矢野経済研究所(東京・中野)はこのほど、サブスクリプション(定額制、サブスク)サービスについて同社初の市場予測を発表した。2023年度の国内市場規模(支払額ベース)は8623億円となり、5年間で1.5倍に拡大する見通し。19年度は6485億円となり、18年度比で15%増と大幅に伸びると予測した。

サブスクリプションの国内市場規模はファッション、食品、住居、教育、娯楽など8分野における顧客の支払額を合計した。調査は18年12月から19年3月に実施した。18年度の市場規模は5627億円だった。

安定的な収益につながるサブスクリプションのサービス市場は新規参入が相次いでいる。18年度以降の市場規模は年率5~15%ずつ拡大していく見込み。モノを所有することに価値を見いださない消費者が増えていることから「定額制シェアリングサービスを採用する事業者が増えている」(サービス産業グループ)と指摘した。

顧客属性や閲覧、購入履歴などデータの活用が進み、レコメンド(推奨)といった新しい機能で顧客の潜在需要を掘り起こすサービスも相次いでいる。「今後もサブスクリプション市場は好調に推移する」(矢野経済)と分析した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン