/

この記事は会員限定です

[FT]ボーイング、慢心と過信が737MAXの失敗招く

[有料会員限定]
Financial Times

ボーイングが地に落ちた。半年以内に2度の墜落事故を起こした新型機「737MAX」を減産すると先週決定。さらに、失速を防止するMCASと呼ぶ制御システムの誤作動が、合計346人の命を奪った2件の事故の原因だったと認めたのは、同社がついに責任を取ったということだ。

昨年10月にライオンエア(インドネシア)が運航する737MAXが墜落事故を起こした後、ボーイングは操縦士の訓練を強化、ソフトウエアを修正す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ジョン・ギャッパー

John Gapper 英国生まれ。英紙デイリー・テレグラフなどを経て、87年にFTに入社。2005~12年ニューヨーク駐在。欧米の金融からIT(情報技術)、様々なビジネスモデルの在り方やガバナンスに至るまで幅広いテーマを扱う。2014年には米Society of American Business Editors and Writersを受賞。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン