/

この記事は会員限定です

受精卵ゲノム編集に法規制 政府検討

人への臨床応用対象に

[有料会員限定]

政府は、遺伝子を効率良く改変する「ゲノム編集」を人の受精卵に使用する臨床応用について、法律で規制する検討に入った。ゲノム編集をした受精卵を子宮に戻すことを禁止する見通しだ。22日に内閣府で開かれる専門家会議で、検討を開始する。検討結果を受け、厚生労働省を中心として具体的な法律の内容を議論する。早ければ年内にもまとまる可能性がある。

受精卵のゲノム編集に関しては、不妊治療に関する基礎研究に限って認め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン