ディズニー動画配信 月6.99ドルで11月から

2019/4/12 10:15
保存
共有
印刷
その他

米ウォルト・ディズニーは11月に米国で動画配信サービスを始める=AP

米ウォルト・ディズニーは11月に米国で動画配信サービスを始める=AP

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ウォルト・ディズニーは11日、11月に米国で動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」を始めると発表した。価格は月6.99ドル(約780円)。多くの人気作品を抱える強みを武器に、ネットフリックスなど先行する動画配信大手に揺さぶりをかける。

ディズニーはかねて独自の動画配信に乗り出すと表明してきたが、初めて詳細を公表した。

ディズニープラスでは「フローズン(アナと雪の女王)」をはじめとするディズニーの作品群や、「トイ・ストーリー」などのピクサー作品のほか、21世紀フォックスの買収で取得した「ナショナルジオグラフィック」、「アベンジャーズ」で知られるマーベル、ルーカスフィルムの「スター・ウォーズ」などの作品も配信する。

初年度は映画だけで100以上の新作、400以上の過去作品をそろえる。ディズニープラス向けの独自コンテンツも制作するという。いずれもダウンロードをしておけば、ネットにつながらない場所でも楽しめる。

月6.99ドルという米国での価格はネットフリックスの通常プラン(月12.99ドル)と比べて大幅に安い。ディズニーは、5スタジオの作品のファンは世界で10億人を上回ると推計。19年末までに米国のほか西欧とアジアの一部でサービスを始め、20年10~12月期以降に東欧や南米にもサービス提供地域を広げる。24年までに6千万~9千万件の契約を見込む。

ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は「(ディスニーは)長年にわたり高いレベルで世界を楽しませ、何十億人もの人々とつながりを築き、長く続く価値あるコンテンツを持っている」と説明。「ほかのコンテンツ企業もテック企業も(ディズニープラスの)ライバルにはなれない」と強調した。

ディズニーはスポーツ番組を専門で配信する「ESPN+(プラス)」を持つほか、動画配信サービスの「Hulu(フールー)」にも60%出資している。今後はこうした他のサービスとのセット販売なども検討事項になるとみられる。

ディズニープラスの日本での展開については言及していない。ただ、3月からNTTドコモと組み、スマートフォンなどで映画を見られる動画配信サービス(月700円)を始めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]