/

この記事は会員限定です

米銀最大の支援者バフェット氏

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

米株市場が静かだ。11日のダウ工業株30種平均は日中の高値と安値の差が167ドルにとどまった。年初来の平均(240ドル)に比べて3割小さい。売買高も直近100日平均を2割程度下回ったようだ。投資家は12日から本格化する米企業の2019年1~3月期決算発表を控え、様子見を決め込んでいる。トップバッターで登場するのは米金融大手のJPモルガン・チェース。その前に最大の「支援者」である著名投資家が口を開い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン