米農務長官、農産品の先行合意望む 対日貿易交渉で

2019/4/12 4:44
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】パーデュー米農務長官は11日の記者会見で、来週始まる日米貿易交渉をめぐり「農産品で(先行して)暫定合意を早期に結ぶことを望んでいる」と述べた。米国を除く11カ国の環太平洋経済連携協定(TPP11)の発効で米国品の輸出競争力が相対的に下がっており、農産品の関税を速やかに引き下げるよう日本に求めた格好だ。

パーデュー米農務長官は11日、同省で開いた記者会見で対日貿易交渉の早期合意に期待を示した

パーデュー氏は農産品に限定して日本と暫定合意したうえで「その後にもっと時間がかかる他の多くの課題をじっくり解決する形を望んでいる」と語った。日米協議を担当する米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と10日に協議した。その際に農務省が求める交渉方針を改めて伝えたようだ。

パーデュー氏は「ライトハイザー氏は、TPP11の発効を受けて米国の農産品が不利になることと、(日米で早期妥結することの)重要性を理解している」と指摘した。日本はTPP11や日欧経済連携協定(EPA)の対象国・地域に対して関税を引き下げており、米国の牛肉や豚肉などは対日輸出で苦戦を強いられている。米農業団体は日本との関税交渉で速やかな合意を求める。

茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー氏は15~16日、ワシントンで日米貿易交渉の初会合を開く。農産品のほか、自動車やサービス分野などをめぐる交渉の進め方を詰める見通しで、厳しいやり取りが交わされそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]