/

この記事は会員限定です

京急沿線、進む高齢化・人口減 対策は不便さ解消で

鉄道 地域と走る

[有料会員限定]

京浜急行電鉄の沿線でも住民の高齢化や減少は大きな課題だ。特に三浦半島は全国でも屈指の速さで高齢化や過疎化が進む。京急は外部の力も借りながら、沿線の再生に挑んでいる。

横浜市金沢区。住宅街の坂道を、高齢者を乗せた電動カートが走る。2018年10月、京急が同市や横浜国立大と実施した実証実験だ。19年1月には神奈川県横須賀市やNTTドコモと次世代の移動手段をまちづ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン