/

「貿易障壁は自傷行為」IMFラガルド専務理事

【ワシントン=後藤達也】国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日、記者会見し「我々は関税や貿易障壁を含む自傷行為を避ける必要がある」と述べた。自由貿易が過去数十年の経済成長を支えたことを強調し、最近の保護主義を「誤った政策」と批判した。そのうえで「(自由貿易という)成長エンジンを修復すべきだ」と述べた。

11~12日の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や12~14日のIMF・世界銀行総会の開催に先立って会見した。

ラガルド氏は世界経済の状況について「非常に不確実だ」と述べた。貿易摩擦のほか、企業や政府の債務や英国の欧州連合(EU)離脱問題をリスクに挙げた。英EU離脱期限が延期されたことについては「延期されただけで解決ではない。不確実な状況は続く」と述べた。

財政赤字の拡大を容認する現代貨幣理論(MMT)が米国で論争になっていることについて、ラガルド氏は「MMTが万能薬だとは思っていない。非常に限られた状況においてしか機能しない」と懐疑的な見方を示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン