/

健康な人のiPS細胞作製 東北大などが基礎研究用に

東北大学と京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長らは11日、15万人分の健康情報をもつ「東北メディカル・メガバンク機構」で保管する6人分の血液細胞からiPS細胞を作ったと発表した。6人分すべて健康な人の細胞で、病気の治療や予防法の確立をめざした基礎研究に役立てる。

メガバンクで凍結保存する白血球の一種からiPS細胞を作製。臓器や神経の細胞に育つ能力があることを確認した。

iPS細胞で病態を再現して治療薬候補を探す「iPS創薬」での利用を想定している。健康な人と、病態を再現したiPS細胞を比べることで正確に薬の効果をつかめるようになるという。

メガバンクには15万人分の試料がある。研究チームはさらに多くの試料からiPS細胞を作れるとみている。作ったiPS細胞は他大学に提供して基礎研究に使ってもらう。保管方法は今後検討する。

患者ごとに適切な治療法を選ぶ「個別化医療」にも役立つとみる。細胞から遺伝子情報を読み取り、個人ごとに体質などを把握できる。

記者会見した山中所長は「iPS細胞の第三の使い道になる可能性を秘めている」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン