/

この記事は会員限定です

ノーベル賞学者、特許対価で明暗 双方納得の交渉を

編集委員 安藤淳

[有料会員限定]

「26億円」対「200億円」。本庶佑・京都大学特別教授と大村智・北里大学特別栄誉教授が、ノーベル賞の受賞対象となった研究成果をもとに製品を出した製薬企業から、それぞれ受け取った特許のおよその対価だ。内容や期間が異なり単純比較はできないが、あまりにも違いは大きい。

本庶氏はがん免疫治療薬「オプジーボ」のもとになる抗体「PD-1」の特許を2002年、小野薬品工業と共同出願した。オプジーボは一部のがんに劇的な治療効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン