2019年6月25日(火)

平成都政史・猪瀬氏、五輪招致成功直後に辞任

東京
2019/4/11 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

433万票という日本の選挙の個人最多得票で誕生した猪瀬直樹都政は都政史上最短の1年余りで幕を閉じた。五輪招致を成功させながら選挙資金問題であっさり辞任する事態は、都政への不信感を増幅させた。都政は知事の途中辞任が相次ぐ混迷の時代に入る。

猪瀬氏は五輪招致決定まで10カ月を切った12年12月に就任した。16年五輪の失敗は都と宮内庁の関係がよくなかったのも一因だとみて就任直後に宮内庁を訪ね、関係修復…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報