2019年9月19日(木)

AIやIoTで課題解決、新潟県が開発事業者を公募

2019/4/11 20:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県は企業の生産性向上や人手不足に役立つシステムを開発し、県内で実証実験を行う事業者の公募を始めた。あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)の活用を条件にしている。先端技術を生かし、県内企業の課題解決につなげる狙いだ。委託期間は2020年3月31日までで、委託費用は500万円以内。3件程度の採択を見込む。

10日から「AI・IoT活用ビジネス創出実証業務」の公募を開始した。「企業の生産性向上」「人手不足対策」「健康経営の推進」といった3つの課題を設定した。AIやIoTを活用したシステムを開発し、3つの課題のいずれかの解決につなげることを目指す事業者を公募する。

参加申込書の締め切りは6月3日。外部有識者を含む審査委員会が選定作業を進め、6月下旬にも委託事業者を決定する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。