/

この記事は会員限定です

中部空港島にぎわい、官民後押し 施設相次ぎ客室倍増

[有料会員限定]

中部国際空港(愛知県常滑市)がある空港島の活性化を地元の企業や自治体が後押ししている。8月に愛知県の国際展示場がオープンするほか9月には格安航空会社(LCC)向けの第2ターミナルが開業する。外国人客やビジネス客の増加を見据え、島内のホテル客室数は3月末時点で半年前から倍増した。地元政財界には島のにぎわいを2本目の滑走路整備につなげたい思惑もにじむ。

「第2ターミナルの利用を検討しており、機会があれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1588文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン