/

この記事は会員限定です

[社説]天文学の宿題解いた国際連携

[有料会員限定]

極めて強い重力をもつ天体であるブラックホールの姿を、日米欧などの共同チームが初めて撮影した。ブラックホールは光をも吸い込み、姿をとらえるのは困難と考えられていた。世界8つの電波望遠鏡を連動させ、精密な観測から得た今回の成果は、国際連携の勝利といえる。

ブラックホールは重い星が寿命を終えたとき、自身の重さでつぶれて生まれると考えられている。文字通り暗黒のため直接は観測できない。これまでは周囲の物体が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン