/

この記事は会員限定です

リビア軍事衝突が拡大 背後に関係国の利害 仏伊対立も

[有料会員限定]

【イスタンブール=木寺もも子】国内に様々な勢力が割拠する産油国リビアで、東西の勢力同士の軍事衝突が拡大してきた。東側から進軍してきた武装勢力が西側の首都トリポリ近郊で暫定政府側の部隊と交戦している。東側の背後にいるサウジアラビア、西側を支持するトルコの対立も垣間見える。リビアの石油利権を巡るフランスとイタリアのせめぎ合いが緊張を高めている側面もありそうだ。

衝突が本格的な内戦に発展すれば、地中海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン