2019年6月27日(木)

[FT]メイ英首相、辞めても深まる大混乱

英EU離脱
ギデオン・ラックマン
ヨーロッパ
北米
FT
FT commentators
2019/4/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国人は一体全体どうしてしまったのか――。欧州のみならず世界中が、安定と節度で知られる英国が自らを引き裂きそうな状況を困惑しながら見つめている。

多くの人は、どこかで英国のプラグマティズム(実用主義)が復活すると考えている。しかし、悪い知らせがある。英国は、向こう数年でさらに不安定で予測不能な国になる確率のほうが高い。その不安定さは、他の欧州諸国や西側同盟、リベラルな今の国際秩序にとって不穏な事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ギデオン・ラックマン

FT commentators

チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報