/

南相馬市とNEDO、ロボット・ドローン人材を育成

日経クロステック

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と福島県南相馬市は2019年4月10日、同市内にある実証実験施設「福島ロボットテストフィールド」を活用してロボットやドローンに関連する人材育成を推進する協力協定を締結した。

会見で南相馬市の門馬和夫市長は「東日本大震災発生後に減った人口が回復しつつあるが、若い人がまだ戻ってこない。人材育成などのソフト面を充実させて、ロボットテストフィールドを名実ともに世界一の施設に育てて、復興の起爆剤にしたい」と述べた。

南相馬市内では、ローソン楽天、日本郵便など多くの企業がドローンを使った無人配送などの実証実験を展開してきた。NECNTTデータNTTドコモKDDIなどのIT(情報技術)企業も実証実験を手掛けている。同市の稲村和史ロボット産業推進担当課長は「これまで延べ100社以上が市内で実証実験をしており、来訪者増加などで大きな経済効果が出ている。市民の理解も進んだ。今回の協定を通じて、南相馬を『ロボットの街』としてさらに発展させていきたい」と話した。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2019年4月10日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン