2019年8月19日(月)

北朝鮮パネル任期を延長 国連安保理の制裁委

2019/4/11 10:03
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】国連安全保障理事会は10日、北朝鮮制裁委員会の専門家パネル(8人)の任期を来年4月24日まで1年間延長する決議案を全会一致で採択した。

北朝鮮の非核化へ圧力維持で一致したカナダのフリーランド外相(左)と河野太郎外相=共同

安保理は本来、3月下旬までに任期延長を決める方針だった。欧州メディアによると、ロシアが専門家パネルの新たな任務として、北朝鮮の人道危機に制裁が与えた影響について報告することを加えるよう求め、米国が拒否。国連の援助担当者が半年ごとに人道状況を制裁委に報告することで合意したという。

専門家パネルは、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対して安保理が科した制裁の履行状況を監視する。2009年に設置され、1年ごとに任期が延長されている。

3月に公表された専門家パネルの報告書は「北朝鮮の核と弾道ミサイルの開発計画は無傷だ」と強調した上で、北朝鮮が民間施設で核・ミサイル開発を続けていると指摘。海上で船の積み荷を移し替える「瀬取り」や中国の漁業関係者への漁業権売却、外国金融機関へのサイバー攻撃による外貨獲得など広範な制裁逃れの実態を明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。