/

EU首脳、英離脱の再延期議論

(更新)

【ブリュッセル=白石透冴】欧州連合(EU)は10日、臨時首脳会議を開き、英国の離脱をいつまで延期するかを巡る協議に入った。メイ英首相は6月30日までの短期延期を要請したが、会議では9~12カ月間の延長案が浮かんでいる。対英強硬派のマクロン仏大統領は延期に厳しい条件を課すべきだと主張。加盟国の間で時期・条件を巡って調整が続いている。

10日の会議では、まずメイ氏が野党・労働党の協議の現状や今後の政治見通しなどを加盟国に説明。出席した首脳からの質疑に応じた。その後はメイ氏が離席し、残る27加盟国でEU案の取りまとめに入った。

トゥスク大統領は「最大1年間」の長期延期案を加盟国に示しているが、長すぎるとの意見が出ており調整が続いている。

仏大統領府関係者は10日夜、日本経済新聞など記者団に対し、「まだ長期延期を正当化できない」などと説明。その上で「英国に(EUとの)離脱案を可決させるための圧力をかけ続けなければいけない」と語った。

離脱延期を認める場合でも、何らかの厳しい条件を課すことを示唆する発言だ。5月下旬に行われる欧州議会選への参加を求める一方、EU内での権利を制限することを念頭に置いている可能性がある。こうした条件を認められない場合は「『合意なき離脱』も選択肢だ」とも述べた。

加盟国は経済に大きな混乱をもたらす「合意なき離脱」を防ぐという姿勢ではほぼ一致している。アイルランドのバラッカー首相は会議前、「英国が難しい状況にあるのは皆が知っている。少し時間を与えることだ。(従来の期限の)12日に合意なき離脱はないと思う」と語っている。

一方のメイ氏は記者団に「EUをスムーズに秩序よく、なるべく早く抜けたい。努力を続けている」と語った。英メディアでは長期延期の受け入れに傾いているとの報道もある。ただ肝心の英国内はまとまりに欠け、打開策として期待された与野党協議も一致点を見いだせていない。EUは一向にまとまる気配がみえない英議会にいらだっており、メイ氏は厳しい交渉を迫られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン