/

サイゼリヤ、店内・持ち帰り同一価格に

サイゼリヤは10月からの軽減税率の適用後も、持ち帰りと店内飲食の税込み価格をそろえる。堀埜一成社長が10日、明らかにした。軽減税率では持ち帰りと店内飲食の税率がそれぞれ8%、10%になる。ファミリーレストラン「サイゼリヤ」では持ち帰り商品の本体価格を引き上げ、税込み価格を10%の場合にそろえる。大手外食チェーンで、同一価格の方針を明らかにしたのは初めて。

サイゼリヤは包装が必要だという理由から持ち帰りの場合の本体価格を上げる。同チェーンでの持ち帰り比率は数%以下と極めて少ないというが、店内飲食をした後に持ち帰りの商品を注文する場合などで「来店客を悩ませない価格設定にする」(堀埜社長)狙いだ。

軽減税率の適用後の価格設定を巡っては、飲食店や小売店での混乱が予想される。税込み価格を分ける場合は持ち帰りと申告しながら店内で食事をした場合にどう対応するかが課題。価格をそろえた場合は店頭での説明が複雑になるとみられ、各社の判断は分かれそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン