/

この記事は会員限定です

旅行予約サイトに監視の網 「最安値」要求が生む弊害

[有料会員限定]

公正取引委員会が10日、旅行予約サイトの運営会社3社を一斉に立ち入り検査した。ホテルなどとの契約で宿泊料金の最低価格保証を求める「最恵待遇(MFN)条項」には、料金の高止まりなどの弊害をもたらす恐れがあるとみている。旅行業界における予約サイトの力が増すなか、取引先からは不満の声も漏れており、公取委は監視を強めていた。

公取委が10日、独占禁止法違反(不公正な取引方法)容疑で立ち入り検査を実施したの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン