2019年6月18日(火)

新紙幣・500円硬貨、改修需要1兆2600億円 ATMなど

経済
金融機関
2019/4/10 22:00
保存
共有
印刷
その他

政府が発行を決めた新紙幣と新しい500円硬貨による現金取扱機器の改修需要が1兆2600億円程度になりそうだ。10日の衆院財務金融委員会で、財務省が民間による試算として示した。紙幣には3次元(3D)ホログラムなど新技術を導入、500円硬貨は3層構造にする。金融機関のATMや自動販売機などは、対応した改修が必要となる。

試算は、日本自動販売システム機械工業会によるもの。新紙幣・硬貨を見分けるため、紙幣のデザイン刷新への対応で約7700億円、500円硬貨の素材・細かな形状変更への対応で約4900億円(合計1兆2600億円)のコストがかかる見込みという。

3Dホログラムなど新技術を導入する新紙幣(上)に対応した改修が必要になる(下は現行の1万円札)=共同

3Dホログラムなど新技術を導入する新紙幣(上)に対応した改修が必要になる(下は現行の1万円札)=共同

【関連記事】
紙幣24年度に刷新 1万円、渋沢栄一と東京駅舎
紙幣刷新へ 1万円は渋沢栄一、5000円は津田梅子
紙幣刷新「たまたま改元と重なった」 麻生財務相
紙幣刷新、約20年ごとに 偽造防止が大きな狙い
新紙幣ここが変わる 最新3Dで偽造防止、数字大きく
新紙幣、異例の5年前公表 改元と相乗効果狙う
お金の未来どこへ キャッシュレス時代の新紙幣
新紙幣 動くかタンス預金50兆円
キャッシュレス時代の紙幣刷新 経済効果は限定的か
紙幣一新で関連銘柄にぎわう グローリーなどが急騰
紙幣刷新、自販機や紙幣識別機に更新需要か
新紙幣の顔、どんな人たち? 明治以降の日本を支える
肖像画の人物の年齢は 新紙幣の特徴をポイント解説
紙幣刷新「業績知って」「励まされた」 関係者ら沸く
「渋沢紙幣」大韓帝国下で発行 韓国メディアは反発

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報