ローツェ、独ドレスデンに欧州初の販社設立

2019/4/11 7:00
保存
共有
印刷
その他

半導体・液晶製造装置メーカーのローツェは10日、初の欧州拠点として今月、ドイツ・ドレスデンに販売子会社「ローツェ エンジニアリング」を設立すると発表した。資本金は2万5000ユーロ(約320万円)。ローツェが100%出資し、社長は藤代祥之ローツェ社長が兼務する。

ドレスデンを中心とするザクセン州は主要顧客である半導体工場の集積地。半導体ユーザーである自動車工場も多く、これまで代理店を通じて行っていた販売体制を強化する。今秋にも営業を始め、現状は年8億円弱の欧州での売上高を2020年12月期に10億円に引き上げる。従業員は当初5人、将来的には数十人規模を計画している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]