/

この記事は会員限定です

「師弟の絆」「自由闊達」 名大から5人のノーベル賞

(平成と中部)

[有料会員限定]

平成は日本人のノーベル賞受賞が相次いだ時代だ。中部ゆかりの人も多く、学生時代を名古屋大で過ごした科学者では5人が栄誉に浴した。「師弟の関係の近さ」や「自由な校風」を受賞者輩出の理由に挙げる声もある。日本の大学の競争力低下が指摘されるなか、今後も世界に誇る研究者が育つだろうか。

「普段はニコニコして優しい先生だが、論文を書くときは非常に厳しい」。2014年10月、ノーベル物理学賞の受賞が決まり、記者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン