2019年9月22日(日)

宇都宮大、シイタケのブランド化研究 ネットで資金調達

2019/4/10 20:00
保存
共有
印刷
その他

宇都宮大学はクラウドファンディング(CF)を活用し、シイタケのブランド化研究を始める。企業や個人から提供を受けるなどし、10種類程度のシイタケの香りや食感、機能性成分などを分析して、それぞれの特徴を明らかにする。シイタケは100種類もの品種があるとされる。特徴を明確に打ち出し、ブランド化を図る。

資金調達はCFサイトの「Readyfor(レディーフォー)」で3月20日に始めた。食感を調べる機械などの購入費として100万円を目標額に設定したが、すでに達成したため、目標額を150万円に引き上げ、超過分はプロジェクトに参加する研究者の基礎研究に充てることとした。

寄付は5月17日まで募る。寄付者には金額に応じて、成果報告書や出張講義、研究室見学などの返礼品を贈る。宇都宮大は国の大学への運営交付金が年々減少するなか、研究資金の調達先としてCFに注目したという。

宇都宮大は農学部や工学部などの連携プロジェクトとして、16~18年度にキノコの基礎研究に取り組んできた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。