サッカー

ハリル氏、訴訟取り下げ 日本協会との争い

2019/4/10 18:52
保存
共有
印刷
その他

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督(66)が10日、日本協会に対して起こしていた訴訟を取り下げた。昨年4月の解任に伴う記者会見で協会側に名誉を傷つけられたとして、慰謝料1円と新聞などでの謝罪広告を求めていた。

東京地裁の和解案を受け入れずに争う姿勢を示していたが、代理人弁護士によると、元監督が「過去を引きずらず、前に進む。争いは終わりにしたい」との意向に転じた。ハリルホジッチ氏は現在、フランス1部リーグ、ナントで監督を務めている。

日本協会の田嶋幸三会長は東京都内で取材に応じ「裁判が終わって良かった。大きな貢献をしていただいた方なので、これからも応援している」と話した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

ウニオン・ベルリンに加入し、本拠地のスタジアムで記者会見する遠藤渓太(13日、ベルリン)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太が13日、本拠地のスタジアムで記者会見し「10点には絡みたい。5ゴール、5アシストとかを目標にできればと思う」と欧州 …続き (13日 22:01)

 サッカーのJリーグは13日、J1鳥栖で金明輝監督ら10人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、15日の鳥栖―G大阪、19日の仙台―鳥栖、23日の鳥栖―札幌のリーグ戦3試合を延期すると発表した。代 …続き (13日 21:01更新)

 J1横浜FCの下平監督が13日、オンライン取材に応じ、12日のYBCルヴァン・カップの札幌戦で先発した53歳の元日本代表FW三浦知良について「ここまでパフォーマンスを出せるのかというのは失礼だけど、 …続き (13日 19:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]