中国衛通、6月に株式上場 衛星通信大手 政府方針が背景に

2019/4/10 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【香港=劉穎】中国国有の衛星通信大手、中国衛通集団は6月にも上海証券取引所に株式を上場する。10億元(約165億円)を調達して、衛星打ち上げなどの費用に充てる。背景には国有企業の新規株式公開(IPO)を後押しする中国政府の方針がある。

中国衛通は中国の衛星の多くを製造する軍事関連の中国航天科技集団の子会社。現在16基の衛星を運用しており、2017年の売上高は26億元に達した。12~15年には温家…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]