/

この記事は会員限定です

中国衛通、6月に株式上場 衛星通信大手 政府方針が背景に

[有料会員限定]

【香港=劉穎】中国国有の衛星通信大手、中国衛通集団は6月にも上海証券取引所に株式を上場する。10億元(約165億円)を調達して、衛星打ち上げなどの費用に充てる。背景には国有企業の新規株式公開(IPO)を後押しする中国政府の方針がある。

中国衛通は中国の衛星の多くを製造する軍事関連の中国航天科技集団の子会社。現在16基の衛星を運用しており、2017年の売上高は26億元に達した。12~15年には温家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン